有馬温泉

有馬温泉(ありまおんせん)は兵庫県神戸市(旧摂津国)にある温泉。
関西の「奥座敷」とも称され、日本三古湯、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉などにも数えられ、江戸時代の温泉番付では最高位である西大関に格付けされている。

泉質

有馬高槻構造線(活断層)が地下深くまで岩盤が割れており、その割れ目から噴出している温泉で、湧出場所により泉質が異なり、塩分と鉄分を多く含み褐色を呈する含鉄塩化物泉、ラジウムを多く含む放射能泉、炭酸を多く含む炭酸水素塩泉の3種類がある。
含鉄塩化物による着色された源泉は「金泉」、無色の源泉は「銀泉」と呼ばれる。